ピンクゼリー 杉山産婦人科とジュンビーはどんな関係?通販可能なのは?

女の子の産み分けで使うアイテムと言えば

ピンクゼリー。

 

杉山産婦人科という産み分けで有名な産婦人科が使用しているもので、杉山産婦人科以外にも産み分けを指導してくれる病院で広く使われています。

 

で、ピンクゼリーは有名なので

二人目女の子産み分けした私ももちろん知っていますが、

最近同じ名前「ピンクゼリー」で違う会社が出している産み分けゼリーがあるらしい!

ということで両者に関係があるのかなど少し調べてみました。

 

ピンクゼリー 杉山産婦人科とジュンビーは関係あるの?

 

ピンクゼリー 杉山産婦人科で処方される物とジュンビー製 成分の違いは?関係は?

同じ名前なので、何か関係があるのか?

中身は同じなの?一緒なの?

と、気になり調べてみました。

 

まず杉山産婦人科などの病院で処方されるピンクゼリーですが、

成分はまったくの非公開となっています。

 

産婦人科で処方してもらう以外に、産み分けネットというサイトでも購入できますが、

そちらのページでももちろん成分は公開されていません。

 

対してジュンビー社製のピンクゼリーは公式サイトで全成分を公開していますね。

 

 

このことからも、両者の中身は全く別物で関係ないことが見て取れます。

 

こちらのブログではさらにジュンビーに直接問い合わせた結果なども公開していますので、参考までに貼っておきますが、

 

ジュンビー社に直接問い合わせた回答(別ブログに飛びます)

 

ピンクゼリーの商標登録も、

カタカナとアルファベットの違いがあるようですし

 

値段も使い方も違いますから、

 

産婦人科で使われているピンクゼリーが

使いやすい形・買いやすい値段で発売になった!

 

と購入者側においては

勘違いされないように注意です。

 

ピンクゼリー 杉山産婦人科の物とジュンビー株式会社の物で違いは?

産み分けと言えばピンクゼリーでしょ!

と調べていて、同じ名前の産み分けゼリーであるジュンビーのピンクゼリーを知った、という方も多いかと思います。

 

市販で買いやすいジュンビーのピンクゼリーですが、では産婦人科で処方される元祖・ピンクゼリーとどちらがおすすめなのでしょうか?

 

おすすめの基準にも色々あるかと思いますが

産み分けを考えている夫婦にとって、

  • 産み分け効果
  • 安全性(安心感)
  • 費用
  • 使いやすさ

あたりがやはり気になるポイントかと思います。

 

一つずつのポイントについて両者比較してみます。

 

まず一番気になるであろう産み分け効果。

 

杉山産婦人科のピンクゼリーもジュンビーのピンクゼリーも、今までどれくらいの産み分け成功率だったかは公表されていません。

 

というか、そもそも産み分けは医者の力をもってしても確実にできることではないですね。

(日本では許可されていない方法であれば100%の方法もありますがそれは除くとして)

 

また、女性の体質(元々の膣内環境など)や男性側のX精子・Y精子の割合も当然個人差があるものですし、それによってできやすい子供の性別というのもあるでしょう。

 

ということで、杉山産婦人科のピンクゼリーであれジュンビーのピンクゼリーであれ、効果についてはどちらが高いということは中々計測できないことと思われます!

 

ただし、杉山産婦人科のピンクゼリーの方が販売の歴史は長いですから、信頼度でいうと若干高いように思えます。

 

これは2つめのポイントである安全性についても同じことがいえますね。

 

長く使われているものほど、安心感があるというのは当然かと思います。

 

ただ、安全性でいうとジュンビーのピンクゼリーも一つ好材料と言えるのが、

「管理医療機器」としての認証を受けている点!

 

産み分けゼリーで医療機器として認められているのは、今のところ杉山産婦人科のピンクゼリーとジュンビーのピンクゼリーのみです。

(私が個人的におすすめしていたハローベビーも、管理医療機器ではありません)

 

いい加減な商品では医療機器としての認可は下りないでしょう。

体の中に使う物ですし、実物を見ずにネットで買う、という時に医療機器であれば少し安心して注文できますね。

 

 

次に費用や使いやすさの面ですが

これはジュンビーのピンクゼリーがかなり優勢。

 

特に杉山産婦人科の出しているピンクゼリーは、一回ずつ計量や使用直前の湯煎が必要で、とても使いやすいとは言えません。。

 

対してジュンビーのピンクゼリーは一回ずつの個包装・使い切り。

衛生的ですし、さっと使える簡単さが魅力です。

(過去に私がハローベビーを選んだ理由もそこが大きいです)

 

費用でいうと、産婦人科で相談して処方してもらう場合は当然診察代がかかりますし

産み分けネットでネット注文する場合も、登録料5000円がかかります。

ということで、純粋にピンクゼリーだけの値段を払って購入することができない杉山産婦人科のピンクゼリー。

 

対してジュンビーのピンクゼリーは当然ながら登録料のようなものはなく、

また、まとめ買いで安くなったり

キャッシュバックのサービスがあったりと

かなり費用面でのメリットは大きいです。

 

 

ということで両者の特徴をまとめると

産婦人科で使われている点、長い間使われている実績から杉山産婦人科のピンクゼリーが信頼度で勝っている

コストや使い勝手からはジュンビーのピンクゼリーが圧倒的に試しやすく、販売歴の浅さ(信頼度)は管理医療機器認証という点でカバー

 

となりました。

 

ピンクゼリー 杉山産婦人科の物とジュンビーので結局どちらがおすすめ?

どちらがおすすめかというのは、その人が何を重視するかによりますが・・・

 

上に書いたようにどちらもメリットデメリットというのはあるので、それをどう捉えるかということになるかと思います。

 

個人的な感想で言うと

私が産み分けを試みた時は、杉山産婦人科のピンクゼリーとハローベビーの二択だったのですが、その時ジュンビーのピンクゼリーがあったらこちらを選んでいたような気がします!

 

なので次に妊活するならジュンビーのゼリーにお世話になりたい気もしますが、残念なのはジュンビーはピンクゼリーしか出していないということ!

 

グリーンゼリーも出してくれたら、元祖グリーンゼリーやハローベビー、ベイビーサポートあたりからジュンビー製のゼリーにシフトする人ってさらに多くなるんじゃないかなあと思います。

 

ピンクゼリー 杉山産婦人科のとジュンビーのでどちらにするかは使い方次第

同じ名前のピンクゼリー、

どちらが優秀とは一概に言えるものではないですが

 

それぞれ個性がありますので

その個性に対する好みで選べばよいかと思います。

 

私個人的にはジュンビー製の産み分けゼリーは

使いやすさ、コスパのよさ、管理医療機器という安心感

で結構画期的だなあと思いました。

 

あとは男の子赤ちゃんが欲しい夫婦にとっては

グリーンゼリーがあればなあ・・・というところですね。

 

新発売が待たれるところです。

 

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ