30代で産み分けと妊活したブログ管理人の自己紹介

30代妊活産み分けブログ

 

当サイトにお越しくださりありがとうございます。

ブログ「30代からの妊活&産み分け研究会」の管理人のtama(たま)と申します。

 

ブログを安心してご覧いただくためにも、まずは私自身の自己紹介をさせていただきたいと思います!

※年齢などは2020年現在の情報で記載しています

ブログ管理人プロフィール

30代妊活産み分けブログ

 

名前:tama(たま)

年齢:30代後半

家族:夫、子供3人(長男、長女、次男)の5人家族

既往歴:なし

tamaの妊活&産み分け履歴

30代産み分け&妊活ブログ

 

1人目は結婚3年目くらいに自然妊娠。

自分が姉妹だったこともあり、なぜか女の子が生まれるイメージをしていたが、男の子が生まれる。

 

男の子も可愛いものの、

女の子のおしゃれとか買い物とか一緒にしたいな~

などの想いもあり、2人目は女の子が欲しい!と思うように。

 

(将来的に、気兼ねなく孫を抱っこできるおばあちゃんになりたい想いもあり・・・!)

↑気の早い話ですが・・・姑の立場だとなかなか会えなくなる可能性もありますよね・・・!

 

1人目が30代半ばでの出産だったため、目安3歳差までに生みたいという気持ちから、上の子が2歳の時に妊活&産み分けをスタート。

 

女の子が欲しいとはいえ、「できれば」くらいの気持ちだったため、女の子産み分け法を

 

「自宅でできる」

「母体に無理のない範囲でできる」

「購入するものはネットで調達できる」(←人に知られたくないので)

 

を指針に研究。

 

結果、準備期間3ヶ月ほど、本格的な妊活1ヶ月で妊娠成功。

さらに、希望どおり女児を授かる。

 

 

さらに2人目も可愛すぎたため、3人目も欲しくなり、また3歳差で妊活することに。

姉妹にしたい気持ちから女の子産み分けも同時に試みるも、3人目産み分けは失敗し、男児を授かることになる。

※産み分け失敗とは言え、やっぱり我が子は可愛いです!

このブログで伝えたいこと

30代妊活産み分けブログ

 

このブログは、私自身の「自己流でできる精一杯の産み分け」について、どこかで検索してる女性に届けば良いなという思いから開設しました。

 

「産み分け」というと何かと批判の目で見られたりしそうですし、大っぴらには話しづらいテーマですよね。

 

世の中には「赤ちゃんは授かりもの!性別を希望するなんておかしい!」なんて声もありますが・・・

私は、子供を産むとなった時に「何となく女の子がいいな」「できれば男の子がいいな」くらいの希望は持ち合わせていても全然おかしくないと思うんです。

 

そのために、自分でできる範囲・無理のない範囲でやれることをやるというのは別に自由だと思うんですよね。

 

でも身近な人には相談したり体験談を聞いたりというのは中々難しい・・・

なので、私自身がやったこと・使ったもの・体験談をこのブログに書いて、誰かの参考になれば良いなと思ってます。

 

上にも書きましたが、私は産み分け成功もしているし失敗もしています。

2人目にかける熱意、3人目の気のゆるみや詰めの甘さ、のようなところも影響しているのかなと思ってます。

 

そんなところも色々と書いていくので、ステマやサクラでない、リアルな体験談を探している方に届きますように。

 

あまり宣伝などせずにひっそりとやっているブログですので、ブログ訪問者さんもポツポツ・・・という感じですが・・・

「本当に妊活・産み分けやった人間の書いたブログ」って中々参考になるものが少なかったりするので、今後も閉鎖せずにひっそりと続けていきたいと思います。

 

このブログに気づいていただけて感謝です。

何かの参考になりますように。

 

tama

▼当ブログ全体の目次はこちらをご覧ください▼

当ブログのサイトマップ

投稿日:

Copyright© 30代からの妊活&産み分け研究会 , 2020 All Rights Reserved.