産み分け

女の子産み分けで排卵検査薬と排卵日とタイミングの関係をレポ

投稿日:2019年7月2日 更新日:

 

女の子でも男の子でも産み分けで大切なのはとにかく排卵日とタイミングの取り方。

 

特に女の子産み分けとなると、かなりタイミングが難しい・・・という声が多いです。

 

私自身は2人目産み分けで女の子を授かったので、その時の排卵検査薬の結果や排卵日の関係、いつタイミングをとったかを、一例として紹介します。



女の子産み分けで排卵検査薬を使った結果

まず、排卵検査薬の結果から画像付きで紹介します。

(画像が苦手な方は目次をクリックして次章に飛んでくださいね。)

 

ちなみに私が使っていた排卵検査薬は海外製のもので「wondfo」(読み方:ワンドフー)と言います。

 

なぜ海外製排卵検査薬を選んだかと言うと、とにかく値段が安い!(笑)

一つあたり数十円と、日本製と比較にならないくらい激安。。

 

妊活していると妊娠検査薬も大量に使いたくなりますが、それ以上に排卵検査薬は余裕をもった本数を準備して使えるようにした方が良いので・・・

 

tama
個人的には海外製排卵検査薬、安くておすすめです。

 

精度も日本製と変わらず特に問題ないと思いますが、使い比べてみたわけではないので自己責任でお願いしますね。

 

ではさっそくですが、妊娠したとき(そして女の子だった時)の排卵検査薬画像です↓

女の子産み分け成功月 D10の排卵検査結果

私の場合は前月までに3ヶ月程度基礎体温を計った結果と、妊娠したい月の前月までに排卵検査薬の練習をしてみた結果、D13(生理が始まってから13日目)の午後くらいに排卵するリズムではないかな?と予測していました。

 

排卵検査薬が陽性になってから24~36時間以内に排卵すると言われているため、D10の朝であれば陰性だろうと予想しつつ、いったん検査してみました。

↓結果

一番左の線はコントロールライン(検査できていれば陰性でも陽性でも出るライン)です。

この画像だと何となくうっすら線が出ている?ようにも見えるのですが、これだと陰性と判定して大丈夫だと思います。

 

というのもその日の夜に再度検査してみた結果が

↓こちら

こんな感じです。

(2本あるのは製造国の違う排卵検査薬で違いが出るか試してみてました)

 

この時も、コントロールラインの左側にうっすら線が出ているように見えなくもないですが・・・

 

朝と同じ程度の出方で全く変化ないので、陰性でもこのくらいの見た目になるようですね(wondfoの場合はです)。

 

女の子産み分け成功月 D11の排卵検査結果

翌日、朝1で検査してみました。

↓結果

この日も前日の結果と変わらず。

まだまだ陰性でした。

 

この日夜の排卵検査をしそびれています。

平日だったので仕事が忙しかったりで諸々タイミングが取れなかったのもあるのですが、これはかなり失敗!

 

おそらくこの日の夜に検査したら陰性または弱陽性だったと思うのですが、そうだったらここでタイミングを取るのが、女の子産み分けとしてはベストだったかと思います。

 

排卵の48時間前にタイミングを取るのがベスト

かつ

排卵検査薬が反応してから24~36時間以内に排卵する

※排卵検査薬の反応タイミングは、製品によって違うかもしれませんので、それぞれの説明書も良く確認してくださいね。

 

このことを考えると、ぎりぎり陰性のところでタイミングを取るのが最適と思われるからです。

 

tama
私の場合は結果的に希望通り女の子を授かったので結果オーライでしたが・・・

排卵検査は最低でも朝晩2回、お仕事などなくて自宅にいられる場合は朝昼晩などできるだけこまめに実施することをおすすめします。

女の子産み分け成功月 D12の排卵検査結果

翌日、D12の朝時点の排卵検査薬結果です。

↓結果

これは・・・!

ということで、この日の朝に陽性に転じました。

 

前日までと全く違う線の濃さなので、見間違えることはないと思います。

 

で、排卵検査薬が反応してから24~36時間以内に排卵するので、本来は遅くともこの朝の段階でタイミングを取っておきたいところ・・・

 

ですが、残念ながらこの朝はそれが無理だったので、夜にちょっと遅いかな・・・と思いつつタイミングを取りました。

(性別もさることながら、早めに妊娠することも希望していたので)

 

ちなみに夜の排卵検査結果はこちらです。

↓結果

朝よりはっきりとした陽性になっていました。

 

wondfoとしてはこれが一番濃い陽性の出方でした。

女の子産み分け成功月 D13の排卵検査結果

前日にタイミングは取りましたが、念のため排卵検査は続けていました。

D13の排卵検査結果がこちら

↓結果

まだ濃い陽性です。

 

さらにお昼ごろに検査した結果がこちら

↓結果

反応が若干弱まっているようにも見えますが、まだ陽性かな。

 

さらにこの日の夜の排卵検査結果

↓結果

さらに弱い陽性に見える線。

線の濃さが明らかに弱まっているので陰性と見てよいと思います。

 

私の場合は濃い陽性が1日半ほど続くのが前月までの練習段階でわかっていたので、想定通りでした。

(おそらくこの日の午後~夜くらいにかけて排卵したのではないかと思います)

 

排卵すると検査結果が陰性に転じるので、私の場合は陽性になってから1.5日間くらいは陰性にならない(排卵しない)傾向にある、という予測もたてられていました。

だからこそD12の陽性が出てから、若干遅いと思いつつもタイミングをとったのもあります。

tama
この辺りは個人差もあるので、自分の傾向をつかんでおくことが大事かと思います。

 

妊娠希望とは言え、さすがにこの日にタイミングを取るのは明らかに男の子の確率が高まりそうなので見送り。

女の子産み分け成功月 D14の排卵検査結果

D14に入り、さすがに陰性だろうと思いつつ、念のため再度検査。

↓結果

完全に陰性になったのがわかりました!

 

排卵検査を開始したD10の結果と見比べてみると、ごくごくD14の方が線が濃く出ているような気もしますが、これくらいだと確実に陰性と言えるでしょう。

tama
ちなみにこの日の朝の基礎体温で「排卵したっぽいな~」というのも確認していましたよ。



女の子産み分けでの排卵日とタイミングの関係

画像で解説してきましたが、結局、排卵検査薬の結果と排卵日(予測)をまとめるとこんな感じになります。

D10

⇒ 陰性

D11

⇒ 朝 陰性

⇒ 夜 不明(陰性または弱陽性か)

★ベストタイミング?

D12

⇒ 朝 弱陽性

⇒ 夜 陽性

☆実際のタイミング

D13

⇒ 朝 陽性

⇒ 昼 弱陽性?

★このあたりで排卵?

⇒ 夜 ほぼ陰性

D14

⇒ 朝 陰性

 

ということで、排卵日はD13の午後あたり、すなわち女の子産み分けの為のベストタイミング(排卵の48時間前)はD11の午後~夜という結果でした。

実際にはD12の夜にタイミングを取っているので、より真剣に産み分けするのであればちょっと遅いですね。。

 

結果的には運よく産み分け成功だったのですが、産み分けゼリー(私がこの時使った産み分けゼリーはベイビーサポートです)を使ったり、タイミングを取る時にあっさりめに終わらせて・・・なども併用していたのも功を奏したのかもしれません!

参考記事
ベイビーサポートの成功率は?失敗する確率が高いケースは?

ベイビーサポートで産み分けを考える場合に気になるのが成功率。8割以上が成功!という情報もありますが本当に信用できるのか?実際のところは?について。産み分け体験者だから言える「失敗する確率が高いのはこんなケース」についても言及してます。

続きを見る

tama
結局、膣内の酸性・アルカリ性ってのがかなり重要だと思うので・・・ダメ元で産み分けゼリーも取り入れてみたのが功を奏したかな?

 

あとは福さん式もこの期間で試していたので、それもまた別で解説してみられればなあと思います。

 

ちょっと緩めの産み分けレポートになってしまいましたが、ちょっとは参考になりますでしょうか?

本日はここまでです!



-産み分け
-, ,

Copyright© 30代からの妊活&産み分け研究会 , 2019 All Rights Reserved.