産み分け

女の子産み分けにクランベリーサプリの真偽 おすすめはあるの?

投稿日:2019年7月8日 更新日:

 

女の子の産み分けにはクランベリーサプリがいい!という話は結構聞きます。

これについて、どの程度信憑性があるのか?クランベリーを意識して摂ることのメリットデメリット(注意点)など情報を整理してみました。

 

また、クランベリーサプリがいいらしい・・・と聞いても、妊活中に安心して飲めるサプリって探すのが難しかったりしますよね。

 

なので妊娠希望する女性が不安にならずに飲めるクランベリーサプリおすすめってあるの?についても記事後半で触れていきたいと思います。

女の子産み分けにクランベリーサプリは効果あるの?

女の子の産み分け希望している女性が継続的に飲むと良いと言われているクランベリーサプリ。

 

そもそもなぜクランベリーなの??ということなんですが、女の子産み分け方法の一つとして、女性の体内を酸性に傾ける、という基本があるからなんですね。

 

tama
女の子の元になるX精子が酸性に強く、男の子になるY精子が酸性に弱い(アルカリ性に強い)ということで、この原理を元にして産み分けゼリーなんかも作られているのですが。

 

食品によっても、人間の身体を酸性に傾ける作用のあるものがあるので、それを女の子希望の女性は積極的に摂っていこう、ということです。

 

 

ではクランベリーがどの程度女の子産み分けに効果があるのか?というところなんですが・・・

残念ながら、具体的な根拠が示された論文などはまだないそうです。

 

ただ、古くから北米では女の子を希望する女性がクランベリーを摂取する習慣が一般的なものとしてあるようで。

tama
クランベリーに含まれる「プロアントシアニジン」や「キナ酸」などが、女性の体内ph値を酸性に傾けると言われています。

 

ということで、女の子産み分けにはクランベリー!というのは、医学的な根拠があってお医者さんが指示しているような方法ではなく、古くから「効果がある」と言われて根付いてきた慣習に由来する、ということですね。

 

産み分けでクランベリー摂取によるメリットデメリットは?

妊活するにあたって、いつ赤ちゃんがお腹に来てもおかしくない状況ということで・・・

クランベリーサプリを飲むとして、赤ちゃんに何か悪影響があったりというデメリットがあるかも気になります。

 

クランベリー自体が自然なものなので、基本的には健康食品として、特に母体や赤ちゃんに悪いということはありません。

ただ、一説にはクランベリーには「陣痛を促す」という効果があるとも言われています。

tama
陣痛中にクランベリージュースを飲んだり、クランベリーのドライフルーツを食べたりしたらお産が進んだ、とかの体験談も時々聞きます。

 

妊娠の超初期、着床の段階で「陣痛を促す効果」がどれくらい影響するのかはわかりませんが・・・

 

こういった説もあるにはあるために、念のためクランベリーサプリは取り入れずに女の子産み分けチャレンジする人もいます。

 

それと、先ほども書きましたが、クランベリーの女の子産み分け効果については医学的根拠が示されているというわけではないため、産婦人科医師によっては摂取しないように指導する先生もいます。

tama
摂取を相談されて許可して、何かあったら医療従事者として責任がとれないですからね。

 

 

では逆にクランベリーサプリを飲むメリットとはどこにあるのでしょうか?

 

これは、女の子産み分けにあたって、悔いなく妊活を終われるというところが非常に大きいかなと思います。

 

もちろん、クランベリー自体がアメリカなどで女の子産み分けに効果があると愛用されてきたことは事実ですし、論文などのきちんとした根拠が示されていないにしても、実績から期待したい、という側面もあります。

 

ですが、そもそも産み分けに関する全ての方法自体が科学的に確実なものと立証されてはいないですよね。

(着床前診断(日本では産み分け方法として許可されていません)は別として)

 

排卵日2日前の行為であったり、産み分けゼリーであったり・・・こういった全ての方法について、「おそらく効果があるのでは」という形でチャレンジしているわけです。

 

なので同様に「効果があるのではないか」と思われるクランベリーサプリを飲むことで、全力で女の子産み分けを試したい女性が、(結果がどうあっても)全力を尽くしたと思える妊活になると思います。

 

産み分けは一つの方法やアイテムに頼るのではなく、色々な方法を掛け合わせて成功率を上げていくもの。

 

結果的に男の子だったとしても「やれることは全部やった」と思える妊活&産み分けにしたいですね。

 

どうしてもこういったサプリの話になると「自己責任で」としか言えないのですが・・・

私としては、皆さんそれぞれ全力を尽くしたと思える妊活にしてもらえれば、そして、そのためにしっかりクランベリーサプリについても検討してもらえれば良いんじゃないかなあと思っています!

女の子産み分けのクランベリーサプリおすすめってある?

最後に、じゃあ実際に産み分け(妊活)中の女性が安心して飲めるクランベリーサプリって市販されているの?という点について。

 

これ・・・私も2人目妊活の時に色々探したんですが、その当時あんまり安心して飲める雰囲気の物がなかったんですよね!

というか、今でも産み分けで取り入れたいサプリっていまいち見つからないと思うんですが。

 

飲んでる人割と多くて有名なのはこれ

DHCの「クランベリーエキス」というサプリです。

 

ただこちら、特定保健用食品(トクホ:厚労省が一定の健康に関する効果があると審査したもの)ではありません。

 

あくまでも単なる健康食品ですし、もちろん産み分け効果を目的として販売されているわけでもありません。

 

DHCでなければこれとか

こういったものもありますが

 

いずれも妊婦が飲むことを前提に作られたサプリではありません。

 

tama
基本的には、泌尿器系で悩んでいる方に向けて販売されていることが多いようですね。

 

私が妊活していた時も、海外製のクランベリーサプリなんかは見つけることができたんですが、妊娠希望しているということもあって、何となく海外製サプリには手が出ませんでした・・・

 

 

で、今日現在で「妊娠希望の女性の飲用を前提としたクランベリーサプリはないの?」と探してみたんですが、1点ありました。

「Coussinet」という、妊活・産み分けアイテム専門の会社が販売している「クランベリーBS for girl」です。

 

 

商品名や画像のパッケージからもわかるとおり、女の子産み分けチャレンジ中の女性が飲むことを前提に作られています。

 

ごく最近まではこういった商品がなかったので、かなり驚き!

 

Coussinetは産み分けゼリーの「ベイビーサポート」を販売している会社ですが、女の子産み分け用のベイビーサポートガールと併用してこのクランベリーBSを併用することを提案しています。

 

もちろん、これを飲んだから女の子が必ず生まれるなんてことはないわけですが・・・

このクランベリーサプリの販売ページによると、Coussinetが独自調査したうち、成功者の内の81%がこのサプリを併用していたと。

 

tama
わかりにくいですが、主力商品ベイビーサポートガールを使用して女の子を授かった方の8割がこのサプリも併用していた(2割は産み分けゼリーのみで成功)ということかと。

 

成功者の8割がサプリ服用=サプリで成功率がアップする、という式にはなりません。

でも「少しでも産み分け成功率を上げたい!」と思う女性にこのサプリが支持されている、ということは言えそうです。

 

そもそも「妊娠希望女性を前提としたクランベリーサプリ」がなかなか見当たらない(私が探した限り、みつかったのはこの商品だけでした)ので、かなり貴重な存在ではあるかなあと思います。

完全に日本製というのもまた貴重なポイントですね。

 

こちらのクランベリーサプリはCoussinetの公式ネットショップである「ペアレンツLAB」にて、産み分けゼリー「ベイビーサポート」とセットで購入可能となっています。

さらに1000円オフクーポンが付いてくるなどの特典もあるとのこと。

※ちなみに一般的にサプリは継続購入回数の縛りがあったりしますが、こちらの場合は1回のみ単発での購入もOKだそうです。

tama
ベイビーサポートの購入ボタンを押すと、併用おすすめサプリとして案内と特典内容が表示されました。

 

もしまだ産み分けゼリーを購入していないということであれば、ベイビーサポートとセットでこちらのクランベリーサプリを使うことを検討してみてはいかがでしょうか。

納得いく産み分け・妊活になることをお祈りして・・・

 

サプリがクーポン付きで購入可能な【ベイビーサポート】公式ページはこちら

 

本日はここまでです。



-産み分け
-,

Copyright© 30代からの妊活&産み分け研究会 , 2019 All Rights Reserved.