妊活

排卵検査薬 唾液で検査はわかりやすい?結局基礎体温に戻る人続出?

投稿日:

 

妊活や産み分けの基本となる排卵日の予測。

実際にいつ排卵したかを知るために排卵検査薬を使う人が多いですが、最近は尿でなくて唾液で検査できるものもあるんですね。

 

で、唾液でチェックする排卵日ってどれくらい正確なのか?

実際に排卵日予測としておすすめの方法?

というあたりを口コミ調査や自身の体験談を踏まえてまとめてみました。

排卵検査薬 唾液でチェックできるものがある!

排卵検査薬というと、通常はスティック状のものに尿をかける(または浸す)ことによって、反応する線の濃さで判断するものが多いです。

 

が、最近の排卵検査薬はもっと手軽に唾液でチェックできるものがあるらしいですね。

 

例えばこういうの

 

唾液をレンズに塗って、それを覗くだけで排卵期かどうかがわかるとか。

 

排卵期になると唾液の成分が変化してくるので(粘度や塩分)、それによって唾液の結晶がシダ状の形に変化してくることにより、見分けられます。

 

普通の日本製排卵検査薬を買うと一本数百円レベルの値段になる(もちろん使い捨て)のに比べて、こういった唾液チェック型の排卵検査薬は半永久的に使えるということで・・・

コスパの面でこっち(唾液チェック)の方がお得かな?ということで興味を持つ方が多いですね。

排卵検査薬と唾液チェック型どっちが正確なの?

さてさて

私自身は自分の妊活が終了した後になって、こういった唾液チェック型の排卵検査方法を知ったのですが。

 

じゃあもし前から知っていたら自分自身の妊活で唾液チェックでの排卵検査を採用したかというと・・・

多分使わないと思います!

 

その理由ですが

ココがダメ

  • 唾液の粘度や塩分って排卵日以外でも変化しない?
  • 排卵に直接影響する黄体形成ホルモン(LH)をチェックできない
  • 口コミで「わかりにくい」というのが結構ある
  • 海外排卵検査薬の方が値段的にも安い

こういった理由からです。

 

まず一つ目に、唾液の成分がどれくらい排卵に関係あるのかというのがいまいち(個人的には)納得できない・・・

 

理由二つ目に挙げた「LHをチェックできない」というところにもつながってきますが、

排卵に直接関係するのはやはり黄体形成ホルモン(LH)です。

 

LHが十分に分泌されることによって排卵が起こるのですから、これを直接チェックするというのが科学的に見て妥当な方法だと素人目でも思います。

 

唾液にはLHが出てくるわけでもないですし、もちろんそれをチェックすることもできません。

 

一応原理としては、排卵期に見られる唾液の特徴に着目して作られているようですが、唾液が変化する原因って他にもないとは言いきれないため・・・

 

絶対に失敗したくない!という産み分けでの排卵日予測には、ちょっと頼りないかなあ~と思うんですね。。

 

 

また、使用者の体験談口コミなんかも結構ネット上で見てみたんですが、「使い方や結果がわかりにくい」という人がまあまあ見られます。

使い方が間違っている人も一定数いるのかもしれませんが、そもそも尿を検査する排卵検査薬(使い方は超単純)ですら、結果の判定がなかなか素人目では難しいと感じる人が多いのに。

 

唾液の結晶で判断するとなると、全然わからないっていうのもよくあることだろうなあと。

 

tama
唾液を塗る量?とかもいまいちよくわからなくて、使うのを諦めたって人もいました。

 

そして最後に価格の面。

排卵検査薬を排卵日に向かって毎日(時には1日2回とか)使うと、どうしてもコストがかかってきますよね。

で、唾液チェッカーなら・・・というところなんでしょうが、そもそも海外の排卵検査薬だったらそこは全然気になりません。

 

私自身も海外製の排卵検査薬(wondfo)を使って産み分けしたんですが、これだと1本数十円(買う本数にもよりますが40~50円とか)というレベルです。

 

一日2回とか3回とか使ったとしてもペットボトル1本分にも満たない値段。

 

tama
いくら使っても全然お金の面でのストレスを感じませんでした。

 

ついでに妊娠検査薬も海外製(こちらもwondfo)を併せて購入したのですが、こちらも当然安いですから、皆さんよくやってしまうフライング検査も心置きなくできますしね!

 

・・・

 

ということで、私の個人的な意見で言うと、唾液チェッカー型の排卵検査よりは海外製の排卵検査薬(ついでに妊娠検査薬)を買う方が断然おすすめ。

 

私の使ったwondfoは割と感度が高い方らしいので、女の子産み分けの方(排卵二日前を予測したい)に良いかもですが、その他にもDAVIDとか人気ありますね。

 

もちろん日本製の排卵検査薬でも良いのですが、

やっぱりこれくらい↑は値段しちゃうので・・・

 

海外製検査薬に不安を感じる人もいるかもですが、私の妊娠時の検査薬結果画像つきでレポートなどもしているので参考にしてみてもらえると嬉しいです。

参考記事
女の子産み分けで排卵検査薬と排卵日とタイミングの関係をレポ

女の子の産み分けに成功した月の、排卵検査薬結果の画像(陰性や陽性の線の濃さや変化の様子)と、実際の排卵日がいつだったか&タイミングの取り方はどこがベストかの関係を解説しました。一例にはなりますが、成功率を上げたい方の参考になればと思います!

続きを見る

 

あんまり排卵検査薬結果の実例写真がなくて判断難しいという方もいるかもですが、私が購入したこちらのお店(ベビー屋さん)だと、購入者さんは店長さんに排卵検査薬や妊娠検査薬の使い方・タイミングなど相談できます。

※上記ベビー屋さんリンク先の「助け合い掲示板」をご参照

※PCだとうまく表示されないのでこちらから見てみてください

 

海外製検査薬を扱っている通販サイトは色々ありますが、ベビー屋さんは地味ながら老舗で値段も安くて結構良いと思いますのでご参考まで!

排卵検査は唾液チェックより海外検査薬と基礎体温がおすすめ

ということで、唾液の検査での排卵日予測、いまいち心元ないと感じてしまったので、こういった内容となりました。

ただ、通常の排卵検査薬を使うなどしつつ、日中でも気軽に確認できるという意味で唾液検査型のものを取り入れるというのなら良いかもですね。

tama
特に海外製排卵検査薬は日本製と違って紙コップなどに採尿して浸す使い方なので、出先では面倒ですので。

 

でも唾液チェックだけで排卵日予測はどうにも正確性に疑問が残る気がするので、

基本となる基礎体温計での検温をコツコツやるのと、値段が気になるなら海外製品の排卵検査薬も検討候補に入れるのが良いと思います!

↑こういう、体温を自動記録してくれるやつが圧倒的に便利だと思います!

(検温してノートに記録して・・・より挫折する可能性低いと思う)

 

それでは本日はここまでです。

-妊活
-,

Copyright© 30代からの妊活&産み分け研究会 , 2019 All Rights Reserved.