産み分けゼリー

産み分けゼリーランキングを産み分け経験者の主観で作ってみた

投稿日:

 

巷にあふれる産み分けゼリーランキングですが・・・

宣伝ありきのランキングが多いのも残念ながら事実。

 

ということで、微力ながら、産み分けを実際に体験した身として、正直な気持ちでの産み分けゼリーランキングを作ってみることにしました!

 

超絶主観で書いていきますので、全ての人には当てはまらないかもしれませんが(汗)

私なりの根拠も書きながらまとめていきますので、あくまで一つの参考としてご覧くださるとうれしいです!

産み分けゼリーランキング!本当に買うべきゼリーとは?

産み分けゼリーの良し悪しって、かなり主観が入ってくると思うんです。

というのは、一番重要なポイントとも思える「産み分け成功率」が結局いまいちはっきりしたデータがないから。

 

A社の産み分けゼリーは成功率60%で、B社の産み分けゼリー成功率は90%

というならB社が1位で決定だと思うんですが。

 

せいぜいどの産み分けゼリーも「78%」とか「80%」とか・・・

微妙な差な上に、「こう使えば絶対80%に確率が上がる!」とはっきり断定できている情報がないですしね。

 

なので、巷にあふれる産み分けゼリーランキング、あんまり真剣に見なくて良いかも(笑)

tama
結局自分の目で公式サイトとか口コミとか見て、印象で決めるしかないかなあと・・・!

 

私も今からランキングに勝手にしてみますけど、ほんと、あくまで使用者&一介の産み分けゼリー購入者としてのランキングなので・・・

あまり深刻に受け止めすぎず、「こんな意見の人もいるんだな~」くらいで参考にしてもらえると幸いです!!

 

 

ではいきます。

 

3位 ハローベビープレミアム

産み分けゼリーランキング(管理人tama調べ)3位は・・・ハローベビープレミアムです。

 

ハローベビーはタンポン型で個包装タイプの市販産み分けゼリーとしては、最も歴史が長いものです。

その分販売実績も豊富で、現時点のところ53万本も売れているとのこと。

 

これだけの人が購入・使用してきたというのは、色々な意味で信用に値するとは思いました。

(特に安全面で、これだけ売れて大きな問題が出ていないというのは大きいですね)

 

肝心の産み分け成功率に関して言うと、ハローベビー購入者の特典となる排卵日予測アプリを併用することで78%になるということ・・・

ですが、結局「アプリ使用で」=「排卵日をしっかり予測できれば」と読み替えられる気がするので・・・

排卵日予測結果に成功率が依存するのではないかなと。

tama
(まあこれはどの産み分けゼリーも大なり小なり当てはまりますが)

 

あとは、ハローベビーの残念なところで言うと、一回の使用本数が1~2本となっている点。

使うタイミングがタイミングですから、2本とかでなくて1本のみでサクッと使い終わりたいですよね!

なので1本に十分な量を入れておいてほしいなあと思います・・・

 

tama
私の性格的にですが、1~2本と言われたら、念のため2本使わないと心配になってしまうんで、その点かなりハローベビーはマイナスになります。

 

1本使うのと2本使うのでは値段的にもだいぶ違ってきてしまいますから、1回の使用量ははっきりしてほしいです!

 

 

ちなみにプレミアムでない普通の「ハローベビー」もありますが・・・

こちらはランキング圏外とさせていただきました~

 

同じ会社から出ている産み分けゼリーで「普通の」と「プレミアムなの」があったら、プレミアムな方が当然買う価値高いですよね?

やり直しのきかない産み分けで、わざわざグレード低い方を買う意味がない(←言い過ぎ?)と思うので。

 

もはや存在価値がない(←言い過ぎ)と思い、圏外でございます!

tama
値段が安いというのは魅力ですが、産み分けゼリーどうせ買うなら値段より成分の方が重要かな(でもこれも主観ですね)

 

ハローベビーを購入検討される方は、私としてはプレミアムの方で検討することをおすすめします。。

 

 

・・・とここまで書きましたが。

ハローベビーの公式サイトに今現在不具合?があるようでつながりません(泣)

一応復旧したときのために公式サイトへのリンクは載せておきますが

【ハローベビーゼリー】正規取扱店はこちら

楽天やらamazonやらだと怪しげな商品や品質の物も見受けられるので、公式ショップが正常稼働するまでは手を出さない方がよさそうですね~

 

というか今現在楽天で売り出されているのが

↑ここだけでした~・・・

前はもっとたくさん売っていたと思うのだけど・・・?

販売終了なのかリニューアルなのか?ちょっと今後の動きに注目な状況です。

2位 ジュンビー社ピンクゼリーグリーンゼリー

産み分けゼリー個人ランキング、2位はジュンビーのピンクゼリー&グリーンゼリーです。

 

ジュンビーは比較的新しい産み分けゼリーなので販売実績としては他社の産み分けゼリーにはかなわないのですが、独自の個性があり人気ですね。

 

それは何と言っても「管理医療機器としての認証を受けている」というところ。

 

これまで市販の産み分けゼリーというのは雑貨の分類で販売されてきていたので(産婦人科で扱っているピンクゼリー・グリーンゼリーは別)、ネットで購入できる生み分けゼリーで管理医療機器というのが新しいポイントでした。

 

しかもジュンビーピンクゼリーのph値はいくつかある産み分けゼリーの中で最も酸性度が高いらしい。

 

ただし、容量が1.7mlと少量なので、その分酸性度を高くしているのかも?

tama
ハローベビーは1.6mlで使用本数1~2本。1ml多いだけのピンクゼリーはその分酸性度を高くして、ほぼ同じ容量であっても1本で効果がしっかり行き渡るようにしているとか?かなあと(個人の推測です)

 

ということで、ジュンビーのピンクゼリー&グリーンゼリー、かなり良いと思います!

1位にするか2位にするか迷うくらい、僅差という感じですね。

 

じゃあなぜ2位にしたのか?というと・・・

 

何となくの印象・好感度です(笑)

 

何か細かいこと言って申し訳ないんですが、元々「ピンクゼリー」「グリーンゼリー」って産婦人科で処方される産み分けゼリーの名称として一般的に普及してましたよね(湯煎してシリンジで注入する、昔からある産み分けゼリー)。

 

その一般名称的に使われている名前を商標登録したというのが何となく個人的に好みじゃないというか(汗)

やり方的にですね。

 

tama
産み分けで有名な杉山産婦人科などが使っている産み分けゼリーはアルファベット表記(pink jelly、green jelly、だったかな?)で商標登録されていたんで、カタカナの「ピンクゼリー」「グリーンゼリー」は空いてたんです。
参考記事
ピンクゼリー 杉山産婦人科とジュンビーはどんな関係?通販可能なのは?

女の子の産み分けで使うアイテムと言えば ピンクゼリー。   杉山産婦人科という産み分けで有名な産婦人科が使用しているもので、杉山産婦人科以外にも産み分けを指導してくれる病院で広く使われていま ...

続きを見る

 

ジュンビーが産み分けゼリー販売するまでは「ピンクゼリー」「グリーンゼリー」と言えば湯煎で溶かして使う昔ながらのアレ、を指していたし・・・

それが高じて、女の子産み分けする時に使うゼリーの総称を「ピンクゼリー」、男の子なら「グリーンゼリー」と呼ぶような感じにもなっていたわけです。

 

横入りでその名称を使って売り出すというのがねー・・・

 

てことで、ほんとに超個人的な企業イメージの好みの問題で2位にしました!

 

ゼリー自体の信頼性・安全性とかについては問題ないですし、実際に人気もすごくあります。

 

「そんな好感度とか関係なくゼリーがちゃんとしていれば良いわ」「商標とか気にしすぎじゃない?」という方には十分おすすめできる産み分けゼリーではないかと思いますよ。

ピンクゼリーの公式サイトはこちら

グリーンゼリーの公式サイトはこちら


 

1位 ベイビーサポート

ということで・・・ごりごり主観による産み分けゼリー第一位はベイビーサポートとさせていただきました!

 

これ、私自身も2人目3人目と使ってみて納得できる産み分けゼリーだったというのも大きいのですが。

 

もしまだ使ったことなくても、ベイビーサポートを1位にしたんじゃないかな~と思っています。

 

ポイントとしては

  • 完全国産(容器やパッケージまで)にこだわった販売会社
  • 後発品の立ち位置ながら50万本(2019年現在)も売り上げている実績
  • 容量が4.5mlと業界内でも最大
  • 割引や返金を含めると一番安く済む

こういった部分です。

 

ベイビーサポートが売り出されて年数も経ち、いまや産み分けゼリーと言えば国産が当たり前、という感じになってきています。

ですが、ベビーサポート売り出し当初、ゼリー自体はもちろん包装に至るまで国産にこだわったというのが非常に新鮮でしたし、それだけ購入者が安心して買えることを考えているこだわり感をすごく感じました。

 

安心感で言うと管理医療機器であるジュンビーも負けてはいないのですが、ベイビーサポートはジュンビーよりも先発で、(雑貨分類の商品ではあるものの)工場は手術室レベルの基準に達した国内工場での生産。

 

産み分けゼリーって大丈夫なのかな・・・という不安を、その当時最大限取り除くべく努力した感じを受けました。

 

 

そして、容量の点。

ベイビーサポートガールはジュンビーピンクゼリーよりも酸性度が低い、という口コミもありますが・・・

両者は容量が全然違うんですよね。

tama
1.7mlと4.5mlって倍以上の違いですからね。

 

そもそも公式サイトでも「ベイビーサポートガールはph4.5~5」「ベイビーサポートボーイはph7.5~8」と明記されていますし、ph値については変な心配はいらないかなあと。

 

というか個人で計測した場合、それが正規品かどうかもわからないですからね・・・

参考記事
ベイビーサポートの偽物を買わないための注意点2つ

人気商品になると出るのが偽物や粗悪品。産み分けゼリーのベイビーサポートも、何やら怪しい物を買ってしまった人がネット上の口コミで散見されます。どこで偽物に出会ってしまうのか?陥りがちなポイント2点について解説しました。

続きを見る

 

また、女の子希望の場合はあっさりセックスが良いとされているため、潤滑ゼリーとして十分な量を備えているベイビーサポートはその点もかなり助けになるかと思います。

 

 

そして最後に、見逃せないのが値段の面。

ベイビーサポートは2位のジュンビーの金額と比較すると、1本あたりの値段は高くなるのですが・・・

まとめ買いでの割引率が他社よりとても高いこと

に加えて

1本単位で余ったゼリーを返金してくれる(おめでた返金キャンペーン)

というのが非常に大きいです!

 

実際にシミュレーションしてみるとわかるのですが、一番安く済んだ場合だと1箱7000円台の出費で済む場合も。


上記↑の記事でも書いているのですが、たとえ1本使用した時点で妊活終了したとしても、まとめ買いした方が安くつくというのがかなりお得に感じます。

tama
もちろん使用本数がかさんだ場合はまとめ買いした方がお得ですから、どんなケースにおいても1箱買いする理由がないくらいです。。

 

 

とこんな感じでベイビーサポートを1位にした理由を書いてみましたが、強いて弱点をあげるとすると、やはりジュンビーの「管理医療機器」という部分には到達していないという点でしょうか。

ジュンビーはそれだけの労力を使って認証取得しているわけですからね。

 

ですけど、私としては雑貨だから危険というわけではない(単に医療機器として販売できるかどうか)と認識していますし、十分信頼できると2人目妊活の時使ってみて思ったからこそ3人目でも購入したという経緯もあり・・・

 

個人的にはそこまでその部分(雑貨)は気にならなく、むしろ他のメリットの方が大きかったです。

 

私と同じような価値観の方はベイビーサポート、良いんじゃないかと思います!

ベイビーサポート公式サイトはこちら



 

以上、産み分けゼリーの勝手な個人ランキングでした!!

 

かなり主観にまみれてはいますが(汗)

実際の産み分け体験者が選ぶ産み分けゼリーは?というところで。

 

私も、自分自身の購入のために色々比較検討した結果のこの評価なので。

一つの参考としてとらえてもらえれば幸いです。

 

それでは本日はここまでです!

-産み分けゼリー
-, , ,

Copyright© 30代からの妊活&産み分け研究会 , 2019 All Rights Reserved.